Hatena::Groupthemarsvoltafan

Adrián Terrazas-González

Adrián Terrazas-González

http://en.wikipedia.org/wiki/Adrian_Terrazas-Gonzalesより

Adrián Terrazas-González (October 17, 1975に メキシコのChihuahuaで生まれる)は、フルート、テナーサックス、バスクラリネット、パーカッションをmars voltaで演奏するミュージシャンで、Régimenのリーダーである。

●バイオグラフィー

メキシコのチワワで生まれ育った、エイドリアン・テラサス・ゴンサレスは伝統的な中央アメリカの音楽~Danzón, Boleros 、 Rumba から Son 、Mamboまで~に囲まれて育った。

彼は10歳の時、彼の音楽的な能力の開発を始めた。

彼は、クラシック音楽への理解と古代のアステカ族の音楽への魅惑から、フルートを吹きはじめた。

5年後、彼はテナーサックスを吹き始めた。

彼の祖母である「Rumba Nut」は、テラサスによると、孫であるエイドリアンにその方向へ進むように言ったが、若きエイドリアンは既に自分のモデルをJohn Coltraneに決めていた。

2001年は、エイドリアンの音楽に深く影響を与える1年だった。

エルパソのテキサス大学で社会学と音楽の勉強をしている間、彼はさらに音楽を通してこれらの考えと理論の伝達に関して学んだ。

古代の文化によって観測されたある哲学的で霊的な伝統の開発を追跡するための努力では、エイドリアンは西アフリカを起源とする伝統にかかわるミュージシャンに会って、学んで、創造的なコラボレーションをするように手配した。

彼のおもな興味の一部は、西ナイジェリアのYorubaの伝統、キューバやプエルトリコの、サンテリアをもとにした古代のアフリカの宗教、ブラジルのBahaのCandombl,ハイチのVodun,そしてメキシコのCu Taanだった。

2004年、エイドリアンはmars voltaのスタジオアルバム「Frances the Mute」に参加し、その後も、続くアルバムScabdates 2005, Amputechture 2006、そしてmovie scoresや DVDなどといった全てのmars voltaのプロジェクトに参加した。

そのグループは、ギタリスト兼バンドリーダーとして、ロックミュージックの中で最もクリエイティブな作曲家の1人であるOmar A. Rodriguez-Lopezを含んでいる。

「バンドと演奏することは、自分にとって高いレベルの意識と創造性を構築するのを助けてくれている」と、エイドリアンは語る。

バンドメンバーは、オマー、エイドリアン、作詞家兼ボーカリストのセドリック、ベーシストのホアン、ギタリストのポール、ドラマーのトーマス、パーカッションのマルセル、キーボードのアイキーさんである。

mars voltaオマーとの仕事によって、特にヨーロッパでエイドリアンは更なる知名度と名声を得ることが出来た。

バンドはまた、2007年4月にヘンリー・ロリンズ・ショウにゲストとして出演している。

エイドリアンの確実なパフォーマンスと多才は、音楽界のさまざまな専門家と共に働く機会を彼に与えている。

彼はLarry Harlow, Erik Unsworth, Dr. Willy Hill, Dr. Donald Wilkinson, Damo Suzuki, Lenny Castro, Money Mark Nishita, Jay Azzolina, Los Lobos, for Universal Records The Mars Volta, Reggie Young, Ozomatli, EMI Gospel Artist Smokie Norful, Roberto Serrano-Cruz, Juan Alderete, The Big Sir (Und Und Die Scheiße Ändert Sich Immer 2006), Omar Rodriguez-Lopez Group (Omar A. Rodriguez-Lopez 2005, Please Heat This Eventually 2007, Se Dice Bisonte, No Bùfalo 2007, music scoring for the Guillermo Arriaga Jordan and Jorge Hernandez Aldana film El Búfalo de la Noche performed by The Mars Volta), Robert Carranza, Thomas Pridgen, John Frusciante, Jonathan Hischke, Gene Coye and Deantoni Parksなどといった多くのミュージシャンと共にステージを分かち合ったり、レコーディングしている。

音楽へのエイドリアンのプロフェッショナルなかかわり合いは、 Erik Unsworth, Gene CoyeとのプロジェクトであるREGIMENの元で、展開されている。

彼はまた、ロサンゼルスの素晴らしい演奏家とも共演しており、それと同時に、南西や西海岸地域、メキシコの北部や中央地区の多くの学校や大学のワークショップで教えている。

●Discography

With The Adrián Terrazas-González Trio

・ Cu Taan (2007)

With The Mars Volta

・Frances The Mute (2005)

・Scabdates (2005)

・Amputechture (2006)

The Bedlam in Goliath - LP (2008)

With The Omar Rodriguez-Lopez Group

Omar Rodriguez (2005)

・Please Heat This Eventually (2007)

・Se Dice Bisonte, No Bùfalo (2007)

Omar Rodriguez-Lopez & Lydia Lunch (2007)

・The Apocalypse Inside of An Orange (2007)

・Calibration (Is Pushing Luck and Key Too Far) (2007)

With Big Sir

・Und Die Scheiße Ändert Sich Immer (2006)


●Equipment

・ Woodwinds:

o Selmer 1949 Super Balanced Action Tenor Saxophone

o Selmer Soloist H Tenor Saxophone Mouthpiece

o Selmer Super Action 80 Series II Alto Saxophone

o Selmer Super Session E Alto Saxophone Mouthpiece

o Selmer Super Action 80 Series II Soprano Saxophone

o Selmer Super Session G Soprano Saxophone Mouthpiece

o Selmer 1970 Series A Bass Clarinet

o Clark W. Fobes San Francisco Bass Clarinet Custom Mouthpiece

o Selmer 1972 Series 10G Clarinet

o Clark W. Fobes San Francisco Clarinet Custom Mouthpiece

o Francois Louis Ultimate Ligature for all Saxophones and Clarinets

o De Jacques Neck Straps

o Pearl Flutes

・ Amplifiers:

o Hartke KM200

・ Effects pedals:

o Ernie Ball WAH

o BOSS PS-5 Super Shifter

o Maestro woodwind Effects Box

o Moogerfooger Ring Modulator

o MXR Phase 90

o DigiTech JamMan Looper Performance Loop Pedal

・ Microphones

o Samson CL8 - Multi-pattern Studio Condenser Mic

o Samson UHF Synth 5

o Electro-Voice RE20