Hatena::Groupthemarsvoltafan

太宰治

太宰治

太宰治

日本の小説家・作家。無頼派。

明治42年(1909年)6月19日 - 昭和23年(1948年)6月13日

本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。

学生時代から小説家を志し、自殺未遂を何度も繰り返す。芥川賞に執着するあまり、落選した時の選考委員だった川端康成に、抗議文を送りつけたことはあまりにも有名。師匠は井伏鱒二。

39年の生涯で4回の自殺未遂を繰り返し、1948年(昭和23年)6月13日、玉川上水で愛人・山崎富栄(1917-1948)との入水心中により死去。代表作は「走れメロス」「人間失格」


オマーはインタビューで影響を受けた日本の文化人として、太宰の名を挙げている。


作品

  • 晩年(1936年、砂子屋書房)
  • 虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ(1937年、新潮社)
  • 二十世紀旗手(1937年、版画荘)
  • 愛と美について(1939年、竹村書房)
  • 女生徒(1939年、砂子屋書房)
  • 皮膚と心(1940年、竹村書房)
  • 思ひ出(1940年、人文書院)
  • 走れメロス(1940年)
  • 女の決闘(河出書房)
  • 東京八景(1941年、実業之日本社)
  • 新ハムレット(1941年、文藝春秋新社)
  • 千代女(1941年、筑摩書房)
  • 駆込み訴へ(1941年、月曜荘)
  • 風の便り(1942年、利根書房)
  • 老ハイデルベルヒ(1942年、竹村書房)
  • 正義と微笑(1942年、錦城出版社)
  • 女性(1942年、博文館)
  • 富嶽百景(1943年、新潮社)
  • 右大臣実朝(1943年、錦城出版社)
  • 佳日(1944年、肇書房)
  • 津軽(1944年、小山書房)
  • 新釈諸国噺(1945年、生活社)
  • 惜別(1945年、朝日新聞社)
  • お伽草紙(1945年、筑摩書房)
  • パンドラの匣(1946年、河北新報社)
  • 薄明(1946年、新紀元社)
  • 冬の花火(1947年、中央公論社)
  • ヴィヨンの妻(1947年、筑摩書房)
  • 斜陽(1947年、新潮社)
  • 人間失格(1948年、筑摩書房)
  • 桜桃(1948年、実業之日本社)

* はてなダイアリーキーワード:太宰治