Hatena::Groupthemarsvoltafan

The Mars Volta's Descent into Bedlam: A Rhapsody in Three Parts

The Mars Volta's Descent into Bedlam: A Rhapsody in Three Parts

"The Mars Volta's Descent into Bedlam: A Rhapsody in Three Parts" は、2007年11月5日からマーズ・ヴォルタの公式サイトに公開されているバイオグラフィ。著者はジェレミー・ロバート・ジョンソン。バンドの歴史や『ゴリアテの混乱』制作時にバンドが受けた影響と困難について書かれている。特に「トーキング・ボード」と呼ばれるコックリさんのような予言板にまつわるエピソードは『ゴリアテの混乱』をより深く理解する上で非常に参考になるだろう。

バイオグラフィをダウンロードするdocファイルの開き方

著者のジェレミーはマーズ・ヴォルタの大ファンであり、またセドリックも彼の作品の愛読者であることから、セドリックがバイオグラフィの執筆を依頼した、とジェレミーが自身のブログ*1で説明している。なお彼は2006年にマーズ・ヴォルタのインタビューをおこない、その記事は『Verbicide』誌に掲載された。

このキーワードページでは、本文の翻訳を共同執筆しています。読みやすいように加筆・修正して下さい。その際、1段落おきに「原文→訳文→原文~」となるように訳文を挿入して下さい。 以下原文と訳。


          

The Mars Volta's Descent into Bedlam: A Rhapsody in Three Parts

恐怖の大混乱に巻き込まれたマーズ・ヴォルタ -A Rhapsody in Three Parts-

          The genesis of The Mars Volta’s new album The Bedlam in Goliath is one of the weirdest stories in the history of modern music, a tale of long-buried murder victims and their otherworldly influence, of strife and near collapse, of the long hard fight to push “the record that did not want to be born” out into the world. And I swear we’ll get to all of that in a second.

マーズ・ヴォルタが新作『ゴリアテの混乱』を誕生させたことは、最近の音楽界でかなり奇妙な話として語られる話題のうちの1つである。マーズ・ヴォルタの新譜は、長い間忘れ去られていた殺人事件の被害者たちと彼らが及ぼした霊的な影響の物語であり、災いと崩壊寸前に瀕したものに関する物語でもあり、さらに、この世に生まれ出たくなかったアルバム(『ゴリアテの混乱』)を現世へ押し出すための長く厳しい戦いの物語でもある。筆者は、私たちがそのすべてをもうすぐ手にすることが出来ると断言する。

          But right now, before we drag any new passengers on the Volta Express into the lunacy of The Bedlam in Goliath, we’ve got to bring them up to speed. And so I present “A Very Brief History of The Mars Volta”:

しかし、だ。新しい乗客たちを『ゴリアテの混乱』が繰り広げる狂気の世界行き「ヴォルタ急行」へ引きずり込む前に、我々は乗客たちに事情をよく説明しなければならない。それでは、マーズ・ヴォルタに関する「ちょっとしたお話」をプレゼントすることにしよう。

          Back at the turn of the century guitarist/producer Omar Rodriguez-Lopez and lyricist/vocalist Cedric Bixler-Zavala decided to form a musical partnership called The Mars Volta. They grabbed a few other intrepid musicians and recorded The Tremulant EP, which was incredible and weird and proved these guys were trailblazing far from the paths tread by their prior band, At the Drive-In.

話は20世紀が21世紀へ切り替わる頃にさかのぼる。ギターリストであり、プロデューサーでもあるオマー・ロドリゲス・ロペスと、作詞家であり、ヴォーカリストでもあるセドリック・ビクスラー・ザヴァラは、音楽のパートナーシップを結成することを決め、それをマーズ・ヴォルタと名付けた。そして彼らは自分たちのほかにも、恐れを知らないミュージシャンたちをつかまえ、『The Tremulant EP』をレコーディングした。『The Tremulant EP』は、信じられないくらい素晴らしくユニークな作品であり、自分たちの前身バンドであるアット・ザ・ドライヴインがたどってきた道程よりも、はるか先を開拓していたることを証明した。

          Then they released De-Loused In The Comatorium, an astonishing album that served as both an elegy for and celebration of their friend Julio Venegas (as told through the fictional character Cerpin Taxt whose life-and-death travails are chronicled via the songs). The album was huge in terms of exposure, influence, and raw momentum.

それから、彼らは『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』をリリースした。この驚くべきアルバムは、彼らの友人であるフリオ・ヴェネガスへ鎮魂歌として捧げられた(架空のキャラクターであるサーピン・タクストを通して語られる彼の生と死の苦悩が、楽曲群に記録されている)。

          Next came Frances the Mute, an album with a central plot, based, sadly, on the loss of another friend (this time fellow musician and bandmate Jeremy Ward). An equally bizarre and powerful album. For this record and the remainder since, Omar has produced solo, dropping some of the pop sheen that Rick Rubin brought to the first album in favor of more experimental textures and structures. If De-Loused… was a dark album, this thing is obsidian. And also inspiring. And majestic.

次にリリースされたのが、『フランシス・ザ・ミュート』である。このアルバムの中核をなすプロットは、不幸にも、もう一人の友人の死がもとになっている(ミュージシャンでありバンドメンバーでもあったジェレミー・マイケル・ワードの死である)。このアルバムはビザールでパワフルなものであった。このアルバム以降、前作『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』でポップに輝いていた部分のいくつかをそぎ落としながら、オマーが一人でプロデュースし続けていく。前作のポップに輝いていた部分は、より実験的なテクスチャーと構造を好んだリック・ルービンがもたらしたものであった。前作が闇であったとすれば、このアルバム『フランシス・ザ・ミュート』は黒曜石である。そしてインスピレーションも満ちている。それも壮麗に。

          Most recently they released Amputechture, their first album with no central concept (aside from stretching the boundaries of their prior musical achievements). Omar worked as a director/conductor/visionary, writing all the music and providing motivation, while Cedric stretched his vocals and lyrics around multi-tiered songs about things like modern witch-burnings, cultural oppression, and madness. The soaring intensity of the single Viscera Eyes alone is worth the admission.

今のところ、彼らがごく最近リリースしたアルバムは『アンピュテクチャー』である。それはマーズ・ヴォルタにとって初めて、核となるコンセプトのないアルバムとなった(彼らが今までに音楽的に達成してきたものの境界線をさらに広げた、ということはさておき)。オマーは、ディレクター、コンダクター、神秘家、作曲家、モチベーションを与える者として働いた。一方でセドリックは自分のヴォーカルとリリックの幅を広げ、特にリリックは現代版魔女の火あぶりのようなこと*2・文化的鬱屈・狂気が複雑に絡んで、多層化したものとなった。このアルバムからシングル・カットされた"ヴィサラ・アイズ"の響き渡る強烈さだけでも、受け入れる価値がある。

          The tours supporting each of these albums have proven that The Mars Volta is an endlessly ambitious group intent on turning a standard concert into something transformative that can best be described as an aural blitzkrieg. Saul Williams, no slouch when it comes to rocking a stage, once joked that he rushed through his opening sets just so he could watch the Volta sooner.

そして、各アルバムリリース後に行われたツアーが証明したことは、マーズ・ヴォルタが際限なく意欲的なグループであるということだ。マーズ・ヴォルタは標準規格のコンサートを、力のあるものへ変化させることに没頭している。聴覚の電撃戦という言葉が、それをいちばん言い表しているだろう。ソウル・ウィリアムズマーズ・ヴォルタのステージに感動してしまい、だらけることができない。彼はマーズ・ヴォルタのオープニング・アクトを務めた時、「すぐにでもマーズ・ヴォルタを観させてくれるなら、急いでオープニング・アクトを終わらせるよ」と冗談を言ったほどだ。

          Point Being: If you don’t have these albums, you need them. If you do have them then you know exactly what I’m talking about and you’re anticipating The Bedlam in Goliath more than any other record this year. And you know, as I do, that if the Volta comes to your town for a show that you have to be there or a little bit of your soul dies. That’s a science fact.

ここまでの話のポイント: もしもあなたが上述のアルバムをまだ持っていないならば、あなたには彼らのリリースされているアルバムのすべてが必要だ。逆に、すでに持っているならば、あなたは筆者の言葉に共感し、今年リリースされた他のどんなアルバムよりも『ゴリアテの混乱』に期待していることだろう。そしてすでに承知のことだが、もしもマーズ・ヴォルタがあなたの町でショーをすることがあれば、あなたは必ずそのショーを観なければならない。さもなければ、あなたの魂は少し枯れてしまう。それは科学的事実だ。

          Which brings us to the now, on the eve of the release of The Mars Volta’s stunning new recording. Which brings us to The Story.

今、我々は生き返った。マーズ・ヴォルタの気絶するほど素晴らしい新譜がリリースされる直前だからである。では、或る物語をあなたたちへお届けしよう。

          Perhaps it’s best to insert a prologue for this tale stating that some (cynics, pragmatists, people who would like their life to be more boring) may instantly respond with rolled-eyes and disbelief. And that’s okay. But others are willing to acknowledge that most metaphysics may just be the elements of physics our brains can’t quite comprehend yet, and that there is a great power in words, and in belief.

おそらくいちばん良い方法は、この物語を伝える前にプロローグを挿入することだろうが、話を知るや呆れて目を丸くし、「信じない」と即座に反応する人たち(皮肉屋、現実主義者、これからの人生にも飽き飽きしている人たち)もいるかもしれない。ああ、それも結構。しかしほかの人たちは受け入れるだろう。対象が存在する理由のたいていを物理学的に説明することはできるかもしれないが、それでも我々の脳は対照が存在する理由をまだ完全に理解できないということを。

          Quotes from two Volta compatriots offer a relevant lead-in:

マーズ・ヴォルタの2人の同胞が、当を得た導入の言葉を述べている。


          “The things you speak to can shape your world. Look at Biggie. ‘Ready to Die.’ Dead. Word.”

          - Saul Williams (again)

「自分の発した言葉が、その後の自分を決定することもある。たとえばビギー*3の "Ready to Die"*4 さ。そんな言葉を発したビギーは死んじゃったじゃないか」

    - ソウル・ウィリアムズ

          “This is the sound of what you don’t know killing you. This is the sound of what you don’t believe, still true. This is the sound of what you don’t want, still in you.”

          - El-P

「その時点を迎えることになっても君は知覚できないかもしれないが、君を殺すものにも音がある。 君が信じない音、それでもその音は真実さ。 君が望まない音、それでもやはりその音は君の中に存在する」

- El-P


          And so, all that being said, here is The Story (and various annotations):

そして、これが物語(もしくはバラエティ豊かな注釈)と言われているものの全てだ。

          Omar was in a curio shop in Jerusalem when he found the Soothsayer. It seemed to him an ideal gift for Cedric, this archaic Ouija-style “talking board.” So it was then and there, in a city where the air swims with religious fervor, in a shop that might as well have carried monkey’s paws and Mogwais, that Omar changed the fate of The Mars Volta forever.

オマーはエルサレムにある小さな骨董品屋で予言板を見つけた。彼にはこの古いウィジャ・スタイルのトーキング・ボード*5が、セドリックへのプレゼントにうってつけだと思えた。宗教的熱情を帯びた空気が溢れるその街で、猿の手*6やモグワイ*7よりもトーキング・ボードを選んだその時、オマーマーズ・ヴォルタの運命を永遠に変えてしまった。

          Had he known at that moment that the board’s history stretched far beyond its novelty appearance, that its very fibers were soaked through with something terribly other, that the choral death and desire of a multi-headed Goliath was waiting behind its gates… well, he might have left it at rest there on the dusty shelves.

その瞬間にオマーは、そのトーキング・ボードが珍品という見かけをはるかに超える歴史を秘めていることを見抜いた。何か恐ろしげなものが、たいそうな繊維に浸み込んでいる。また、死の合唱を歌い、欲望を抱いている複数の頭をもつゴリアテ。そのゴリアテがトーキング・ボードのゲートの後ろで待っていた。ああ・・・・彼はトーキング・ボードをその店の埃っぽい棚に置き戻し、安息させておくこともできたろうに。

          The Upside of That Choice: No bad mojo unleashed. Erase the madness that followed. Erase the bizarre connection to a love/lust/murder triangle that threatened to spill out into the present every time the band let its fingers drift over the board.

その選択のせめてもの救いは:悪いまじないが放たれることは決してないこと。それについてくる狂気もぬぐい去ってくれること。毎回バンド・メンバーがトーキング・ボードの上で指を這わせるたびに、当時ぶちまけられそうな兆しがあった愛・情欲・殺人の奇妙な三角関係を消してくれること。

          The Downside: No Soothsayer means The Bedlam in Goliath never would have existed. And it turns out that this demented spiritual black hole of a muse has driven The Mars Volta to produce a crowning moment in their already stellar career.

悪い面は:『ゴリアテの混乱』が存在しない可能性をほのめかすことは一度もなかったこと。女神ミューズの気が狂ったような霊的ブラック・ホールが、ただでさえ輝かしいキャリアのなかでもさらにもっと最高の瞬間を実現するよう、マーズ・ヴォルタを追い立てる結果となってしまったこと。

          So if Omar hadn’t given in to his curiosity and brought the Soothsayer home to Cedric then the band would probably have been happier, healthier, less haunted.

というわけで、もしもオマーが自分の好奇心に屈していなければ、そして彼がトーキング・ボードをセドリックのもとへ持ってこなければ、おそらくバンドは幸せで健康的であり続け、妙な予感や考えにとりつかれることもなかっただろう。

          But you and I, Lucky Listener, we would have been robbed of one fucking amazing album.

しかし、幸運なリスナーである私やあなた方よ。その時、私たちはやたら素晴らしい或るアルバムを奪い取られてしまっていたのだろう。

          More on that in a moment.

瞬く間に事態が変わった。

          Back up to the last big tour. The Volta and the Red Hot Chili Peppers are tearing venues in half, retreating to their busses, rolling through the night. But instead of the normal Rock God routines the guys are sitting around Cedric’s new Ouija board, which they’ve dubbed the Soothsayer. And they love it―it’s the new post-show addiction.

先の大規模なツアーの時に戻ろう。ヴォルタとレッド・ホット・チリ・ペッパーズは共同でツアーをおこなった。ステージ以外の時のメンバーはバスの中にこもり、夜になると車は次の目的地を目指して進んでいった。しかし、ロックの一般的な神のルーティンとは異なり、彼らはセドリックの新しいウィジャ・ボードを囲んで座るのであった。それから、トーキング・ボードの予言者をこづく。メンバーはトーキング・ボードで遊ぶのが好きになってしまった。そして、それがステージ後の新しい嗜好となった。

          The Soothsayer offers them names: Goliath, Mr. Mugs, Patience Worth, Tourniquet Man.

トーキング・ボードはメンバーたちへ、次の名前と名称を提示した。すなわち、ゴリアテ、Mr.Mugs、ペイシェンス・ワース、止血人である。

          The Soothsayer offers them a story: It’s always about a man, a woman, and her mother. About the lust floating between them. About seduction and infidelity. And pain. And eventually, murder. Entrails and absence and curses and oblivion. Exactly the kind of spooky shit you’d want from your Ouija.

トーキング・ボードは物語も提示した。いつも登場するのが男と女・女の母親。彼らのあいだに漂っているのが情欲と誘惑、不貞である。トーキング・ボードが提示するその物語には苦しみもあった。そして物語の中では、結果として殺人も生じた。はらわた、不在、呪いの言葉に忘却。それらは人々がウィジャ・ボードから得たいと思っているとおりの、気味悪くてくだらない類のものであった。

          Now here comes the rub.

ついに摩擦が生じた。

          The Soothsayer starts asking the band what they have to offer. This connection that’s set up runs both ways, and the invisible voices begin to speak of their appetites.

トーキング・ボードはバンドへ、彼らが提供しなければならないものを要求し始めたのである。この通信は双方を追い詰めることとなり、目には見えない霊界の者が自分たちの欲望について話し始めた。

          They threaten oblivion and dissolution, or offer it as seduction. The voices merge as Goliath, a metaphysical quagmire and unfed saint whose hunger to return to the real world grows more urgent with each connection.

彼らはバンドへ「忘れ去られることと解散」を実行すると脅す。もしくは脅迫を誘惑に扮して示すこともあった。それぞれの声は合併してゴリアテのようである。形而上学の(神学上の)窮地を意味し、飢えた聖人でもあるゴリアテ。現世へ戻りたいというゴリアテの渇望は、交信のたびにますます切迫したものへとなっていく。

          There are proper ways to close this union, but The Mars Volta have never been anything if not adventurous. They stay in contact―even taking phrases from the board and inserting them as song lyrics―but never offer themselves as surrogates. And so the starving Goliath extends its influence.

そのような関係を、きちんと終結する方法はある。しかしマーズ・ヴォルタは今までに、冒険を伴わずにものごとを成すことが決してなかった。マーズ・ヴォルタは引き続き彼らと交信をとりつづけるのである。マーズ・ヴォルタはトーキング・ボードが発した言い回しをモデルとして歌詞へ採用することすらあった。けれども自分たち自身を代理人として提供することは決してなかった。そこで、飢えているゴリアテは自分の影響力を伸ばしていく。

          Inexplicable equipment issues abound while on tour.

ツアー中に、機材の不可解な問題が多発した。

          Conflict with the existing drummer escalates and results in a change of guard.

当時のドラマーと対立が深まり、結局、ドラマーを交代させる。

          Ritual gives way to injury and Cedric is laid low by a randomly (and severely) gimped foot.

交信の儀礼を日常的におこなっているのと並行して、怪我が発生した。セドリックはやみくもに(あるいは激しく)脚をひきずっていて活気がない。

          A completely reliable engineer’s mental composure cracks, pushing him from the project. The tracks he leaves behind are desperately tangled.

全てにおいて信頼できたエンジニアの心に亀裂が入ってしまい、プロジェクトから彼を追い出すこととなってしまった。彼が置いていったトラック数曲は、猛烈に混乱していた。

          Omar’s music studio floods, threatening to send him right over the same precipice as the engineer.

オマーの個人スタジオが冠水し、彼はただちエンジニアと全く同じ窮地に追いやられてしまう恐れがあった。

          Long-term album delays hit and people aren’t sleeping well.

長期にわたってアルバム制作が何度も繰り延べられ、関係者は熟睡できない。

          Nonsensical words and phrases the board had previously spoken begin to pop up in things like documentaries about mass suicide.

かつてトーキング・ボードの発した無意味な言葉とフレーズが、集団自殺に関するドキュメンタリーなどの中で急に現れだす。

          The Soothsayer keeps telling the same story but the details are becoming more brutal.

トーキング・ボードは同じ話を繰り返す。しかもその詳細はより残酷なものへと変化していった。

          One day the label on the board peels back revealing pre-Aramaic lingo written across weird cone shapes.

ある日のこと、トーキング・ボードに貼ってあったラベルがはがれていた。するとそこには、先アラム語文字*8が奇妙な円錐状の形と交わるように書かれてあったのである。

          It’s bad mojo writ large, and things are crumbling quickly.

それは明らかに悪いまじないだ。そしていろんなことが直ちにぼろぼろと崩れていく。

          Worst of all, the board has shifted from pleas to demands.

最悪なことに、トーキング・ボードの提示は、主張から要求へ変わる。

          To threats.

数々の脅しへいたるまでになった。

          So they buried the fucking thing.

そこで、マーズ・ヴォルタはいまいましい物体を埋めた。

          There are many ways to close a spiritual connection. Wear white for a whole year. Surround yourself with salt. Close a board and ask someone else to open it, thus transferring the ownership. Break the board into seven pieces and sprinkle it with holy water. Or bury it.

トーキング・ボードとの霊的な関係を断つ方法はいろいろある。1年間、白い服を着ていること。自分の周囲に塩を撒くこと。ボードを閉じて、誰か他の人に開けてもらうようにする、つまり所有者を替えること。トーキング・ボードを壊して7つの破片にし、聖水を撒くこと。あるいは埋めてしまう方法。

          Omar wrapped the Soothsayer in cloth and found a proper place for it in the soil. Cedric asked that he never be made aware of its location.

オマーが取ったのは、トーキング・ボードを布で包み、大地の中でトーキング・ボードにふさわしい役を与える方法だった。セドリックは「決して自分がその場所を勘付かされることがないように」とオマーへ頼んだ。

          And then their album found a new, more urgent purpose.

それから後、彼らは制作中のアルバムがもっと緊迫した新しい意味をもつことに気付いた。

          The Bedlam in Goliath is here to consecrate the grounds where the Soothsayer lies in wait. It’s metaphor vs. metaphysics. Its story will be told to you and I, Lucky Listener, and we’re the ones re-opening the board. Taking on the ownership.

ゴリアテの混乱』は、トーキング・ボードが待ち伏せしている根拠や理由を清め、神聖にするのである。「メタファーvs形而上学」の闘いである。その物語は、幸運なリスナーである私やあなた方へ伝えられるだろう。そして今度は我々があのトーキング・ボードを再び開ける集団なのだ。所有者としての責任を引き受けるというわけだ。

          Perhaps if Goliath is spread between us all its hunger will dissipate. Or, as it threatened, it could become our epidemic.

もしゴリアテが我々全員に広まれば、彼の飢餓は消失するかもしれない。逆に、ゴリアテを人を脅迫する状態させると、我々の間で疫病が流行るかもしれない。

          So there’s the story, up to today, but it’s not over. Because this thing is about to enter the hearts and minds of countless listeners. My hope is that the album will do exactly as The Mars Volta have engineered it to do, and lift the unseen burden that hangs over them.

今日までの物語はそんな感じだ。しかしまだ終わってはいない。なぜならば、その事情は、数え切れないほどのあなたたちの心の中へ大体入っただろうから。筆者はこのアルバムに対して、マーズ・ヴォルタがやってのけたとおりの目的を果たし、彼らが苦しんでいた精神的重荷を取り除くことを望んでいる。

          When they first sent me The Bedlam in Goliath and asked me to write this, I was nervous. What if the music itself was somehow cursed, a sort of audio Macbeth?

さて、マーズ・ヴォルタが筆者のもとへ『ゴリアテの混乱』を送ってきて、このバイオグラフィを書くよう頼んできたとき、筆者はナーヴァスになった。もしも『ゴリアテの混乱』そのものが、マクベスのオーディオ版となってしまう類の呪い*9ならばどうなるのだろうかと。

          But after over one hundred listens I can tell you with confidence that I’d risk a little spiritual vengeance for this album.

しかし100回を超えるほど聴いた今、著者は霊から復讐を受ける危険がほんの少しあるかもしれないのにこのアルバムへ手を出したことを、あなた方へ自信に満ちて告白する。

          From the opening surge of Aberinkula to the Brobdingnagian blast of Goliath to the frenzy and near escape of Conjugal Burns, The Bedlam in Goliath is the sound of a band transformed. The Volta have never been what any sane person would call restrained, but in the heat of this bedlam, in their teeth-baring cornered animal response to an invisible entropy, they’ve created a truly relentless musical juggernaut.

オープニングの"Aberinkula"はうねり、5曲目"Goliath"は巨大な突風を伴い、ラストの"Conjugal Burns"に至っては激高して逃亡する。『ゴリアテの混乱』はバンドの外形が変化したサウンドである。マーズ・ヴォルタは正気ある人々が抑制と呼ぶ状態にとどまったことがない。それどころか今回の大騒ぎ、つまりべドラムの真只中では、隅に追いやられて歯をむき出している獣のマーズ・ヴォルタが、目には見えないエントロピーを相手に向かう。マーズ・ヴォルタは音楽の容赦ない絶対的な力を巻き起こしている。

          The returning roster (Omar Rodriguez-Lopez on guitar and production, Cedric Bixler-Zavala on vocals and lyrics, Isaiah Ikey Owens on keys, Juan Alderete de la Pena on bass, Adrian Terrazas-Gonzalez on horns, Marcel Rodriguez-Lopez on percussion, Paul Hinojos on guitar and soundboard, Thomas “Holy Fucking Shit This New Guy is Incredible” Pridgen on drums, and Red Hot Chili Pepper/regular-Volta-album-contributor John Frusciante rounding out the guitar armada) have crafted a record that manages to contain the echoes of their considerable prior work and merge them with their uncompromising desire to carve out new territory in the musical landscape.

そのアルバムを作り上げたのはオマー・ロドリゲス・ロペス(guitar and production)、 セドリック・ビクスラー・ザヴァラ(vocals and lyrics)、 アイザイア・アイキー・オーウェンズ(keys)、 ホアン・アルデレッテ・ドゥ・ラ・ペーニャ(bass)、 エイドリアン・テラサス・ゴンサレス (horns)、 マルセル・ロドリゲス・ロペス (percussion)、 パブロ・イノホス・ゴンサレス(guitar and soundboard)、 トーマス"ちきしょう!信じられないほど素晴らしく新しいヤツ”・プリジェン (drums)、そして締めくくりがレッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストでありマーズ・ヴォルタのアルバムに毎回貢献している"ギターのアルマダ*10"ことジョン・フルシアンテ、という帰還メンバーたちである。『ゴリアテの混乱』は何をおいても非常に重要な音楽に対する感応をうまく扱い、音楽のランドスケープに新しい領域を開拓するという、彼らの断固とした欲望と結合したアルバムである。

          Wax Simulacra carries with it the energy of De-Loused’s This Apparatus Must Be Unearthed and elevates the tone with frantic looped vocals and a swirling mix of horns and drum rolls. The mind-melting freak-out crescendos of tracks like Frances the Mute’s Cassandra Geminni or Amputechture’s Viscera Eyes have always given the Volta’s albums and shows an air of transcendence, and there are moments on new tracks like Goliath and Cavelettas and Ouroboros that guarantee escalating listener paroxysms, if not Scanners-style exploding heads. The more relaxed new tracks, like Ilyena or Tourniquet Man, manage to encapsulate the strange lamentation of other Volta slow-burners while adding an eerie sense of menace. The entire Volta crew is pushing themselves further than ever before. And to anyone concerned about the arrival of a new drummer, rest at ease. The Bedlam in Goliath unveils Mr. Pridgen as a drum-pummeling berserker mainlining cheetah blood and snorting dusted mastodon bones, proving masterful with the elaborate and the explosive (and often melding both at the same time).

"Wax Simulacra"は『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』に収録されている"This Apparatus Must Be Unearthed"のエネルギーを帯びていて、ボーカルの半狂乱状のループ、ホーンの渦を巻いているようなミックス、ドラム・ロールでトーンを高めている。それから、心や精神が溶解し、幻覚状態に達しそうな曲。たとえば『フランシス・ザ・ミュート』収録の”Cassandra Geminni"や 『アンピュテクチャー』収録曲の”Viscera Eyes”というタイプの楽曲をマーズ・ヴォルタは常にアルバムへ収録し、超越した雰囲気を表出させているが、今回は”Goliath” “Cavelettas” “Ouroboros”を聴けばその瞬間に感情が突然激発し、そのままどんどんエスカレートすることを保証する。ただしあなたがスキャナーズ*11のように爆発してしまう頭の持ち主ならば、筆者は保証できないが。そして”Ilyena”や”Tourniquet Man”のような、リラックスした装いの楽曲。その2曲は奇妙な嘆きをカプセルに入れたような曲で、マーズ・ヴォルタの別の側面、すなわちゆっくりと燃えているタイプの楽曲であるが、薄気味悪い脅しの感覚も加えられている。マーズ・ヴォルタは一丸となり、かつてないほど自分たちを追い込んだ。同時に誰もが新しいドラマーの出現を思い巡らしていた。心配するな。『ゴリアテの混乱』でプリジェン氏が新ドラマーとして自分のベールを取り外した。プリジェン氏は北欧の神話に登場し、チーターの血が体に流れ、鼻息を出せば恐竜マストドンの骨を木っ端微塵にしてしまう、荒れ狂った戦士ベルセルクのようにドラムを叩く。彼は精巧なテクニックと爆発的なドラミングを備えている(両方を同時にプレイするのはしょっちゅう)。

          It’s worth noting, amidst all of this rhapsodic praise, how Omar and a crew of dedicated musicians have managed to breathe thrumming life into what was almost a stillborn album. The audio that the first engineer (who, on an up note, is now on the mend and feeling much better) had left behind was close to unworkably snarled. In his absence it became a scramble to rebuild what the band knew they had been creating in the studio. Robert Carranza kicked in heavy on the engineering, sinking himself into the whole project with an added focus on the drum sonics. Lars Stalfors and Isaiah Abolin were also called in, and along with Omar they dodged daylight for too-long stretches and slaved to rework each track. Shawn Michael Sullivan and Claudius Mittendorfer did their best as editors to keep the band from having to start all over again. The ever-reliable Volta-mixer Rich Costey tried to keep things positive and helped Omar battle what he called Goliath’s “quantum entanglement” (which even Rich saw evidenced by things like randomly disappearing drum tracks).

「いかにオマーと、ひたむきなミュージシャンであるマーズ・ヴォルタ乗船員たちが、ほとんど死産寸前のアルバムへかすかな生命力を与え続けたか」と、熱狂的賞賛の言葉で表現することも価値がある。最初のエンジニア(今はまだ治療中だが快復の調子はよく、かなり気分がよくなってきている様子)が残していった音は、ほぼ実現不可能なくらいもつれていた。彼がいないあいだに先を争う問題となったのは、バンドがスタジオで作り続けていた音を再建することであった。ロバート・カランサはエンジニアリングの問題に蹴破って入り、ドラムの音に重点的に取り組むというプロジェクトに没頭した。またラーズ・スタルフォースとアイザイア・アボリンも呼ばれた。2人はオマーと一緒に各トラックを再現するためにぶっ倒れそうになるくらい働き、そのため日中の明るさも知らない有様だった。ショーン・マイケル・サリバンとクラウディス・ミッテンドルファーはエディターとして、いちばん最初からすべてが元に戻るまでベストを尽くした。そしてマーズ・ヴォルタにとっていつも頼りがいのあるミキサー、リッチ・コスティは、ものごとが好転するよう努力し続け、オマーが「ゴリアテが仕掛けた”量子レベルの難局”」と表現する闘いでも、オマーを助け続けた(リッチですら、ドラムのトラックがランダムに消えるといった類をはっきりと経験した)。

          The depth of that entanglement becomes apparent when you realize that Omar, always at the center of these struggles, almost gave up on this record. The same Omar Rodriguez-Lopez that moved to Amsterdam and cut four solo albums while also working on Amputechture and a soundtrack for the Jorge Hernandez film El Bufalo de la Noche. The same guy that’s probably working on a DVD, his own film, and 10 new albums right now. But at certain points during work on Bedlam his nearly incandescent creative force was on the verge of being snuffed out. And he was sure Goliath was behind the chaos. After his studio flooded, Omar even banned all mention of the Ouija board for fear that simply acknowledging its existence might bring down some fatal blow. Despite the disallowance, he remained haunted. He’d wake to fits of late night inspiration only to find that there was a power blackout (but only in his loft), or that the parts he’d crafted in the midnight hour would later vaporize. Production work became so nightmarish and Sisyphean that he’d occasionally check on the Soothsayer’s burial site, to see if it had been exhumed and “reactivated.”

あなたは、絶えず苦闘の中心にいるオマーがこのアルバムの作成をあきらめそうになったということを知ると、事態の深さを知るだろう。かつて『アンピュテクチャー』とJorge Hernandezが監督した映画”El Bufalo de la Noche”のサントラ作成中にアムステルダムへ飛び、ソロ・アルバムを4枚も作成したあのオマーがなのだ。さらにこの男はおそらく自分が監督したフィルムのためにDVDも作成中で、当時は10枚のアルバムのためにも働いていた。しかし『ゴリアテの混乱』の作業のある時点で、オマーのまばゆいばかりの創作力が今にも絶やされそうになる。そこでオマーはカオスの裏にゴリアテが存在するのを確信した。オマーはスタジオが冠水したのち、全員へウィジャ・ボードと口にすることすら禁じる。理由は恐怖であった。彼はトーキング・ボードの存在がいくつかの致命的な災いをもたらしたと、素直に認めたのである。しかし拒否してもオマーは悩まされ続けた。彼は発作的に胸騒ぎを感じて深夜に目覚めると、停電が起きていた(停電が起きたのは彼のロフトだけだった)。あるいは彼が深夜に作ったものが、しばらくして雲散霧消していたこともあった。プロダクション・ワークは悪夢のようになり、大きな石を山に運び続けては、それら大石が転がり落ちるたびに常に押し上げる罰を受けたコリントのシーシュポス王と同じ状態になった。そのため、オマーは折に触れてトーキング・ボードを埋めた場所へ行った。トーキング・ボードが掘り出されて「再び活動的な状態になったりしていないか」チェックするためである。

          Knowing about the immense challenges faced in the creation of The Bedlam in Goliath only elevates my appreciation for Omar’s production. With this record he has laid out a blueprint for anyone else seeking to combine the complex with the primeval and make it all hit you where it counts. This is an album that’s electric for both the 3:00 AM headphone listener and the guy doing 90 on the interstate with the windows down. This is an album with an immense level of control and experimentation on display; for every section with intricately panning gut-punching drums and shimmering horn sounds and scorching guitars there’s another where you can sense a mischievous musical mind at play (e.g. the fuzzed out bass tones at the end of Ilyena or the real inserted recordings from Jerusalem or the sound of a live jack switching between demo and final versions on Askepios). As a filmic analog, picture Kubrick or Fincher working in tandem with Bunuel or Jodorowsky.

『ゴリアテの狂乱』の制作過程で彼らが遭遇した計り知れない難関を知ったことだけでも、オマーのプロダクションに対する筆者の評価は上がるというものだ。このアルバムでオマーは原始的なものと複雑な組み合わせを試みる人々のために青写真を適切に並べ、しかもそれはここぞという時でリスナーたちをヒットするようにも作られている。この新譜は深夜3時頃にヘッドフォンで聴く連中にとっても、窓を開けっぱなしにして州間高速道路を90マイルで走っている連中にとっても、刺激的なアルバムである。またこの新譜には、途方もないレベルの統制と実験がディスプレイされている。なぜならば各セクションで、ドラムは複雑にパン*12を振りパンチをくらわせ、ホーンの音は揺らめくように光っており、そしてギターが高速でぶっとばして*13鳴っているからである。またそれらとは別の部分で、リスナーたちは一癖ある音楽精神の出現も感じるであろう(たとえば、ベースがファズ・アウトする"Ilyena"のエンディング。エルサレムで現地録音した音をインサートしていること。"Askepios"のデモ・バージョンとファイナル・バージョンの間で、ライブ録音した音に切り替えること)。映画に喩えるなら、フィンチャーかキューブリックが、ブニュエルやホドロフスキーと二人三脚で監督した映画のようである。

          Actually, similar analogs could be extended to the whole of the album itself. The Volta have acknowledged the immense influence of surrealism and film on their work. In relation just to Jodorowsky, The Bedlam in Goliath manages to evoke the languid madness of Fando y Lis, the infidelity and murder and worship of Santa Sangre, the broad-spectrum religious imagery of Holy Mountain, the sheer guts-on-the-table awe of El Topo. Throw in the identity confusion head-fuckery of Lynch’s strangest films, Werner Herzog’s sense of obsession, a few dollops of Jonestown: The Life and Death of Peoples Temple, and pinches of The Exorcist and Don’t Look Now and you’re starting to get the right idea.

実を言えば、同じ喩えをアルバム全体へ拡張することも可能であろう。ヴォルタはシュールレアリスムや、シュールレアリストたちの映画から多大な影響を受けたことを認めている。まさしくシュールレアリストのホドロフスキーの作品に関連して、”Fando y Lis”(ホドロフスキー監督作品。1967年)*14のけだるい狂気、”Santa Sangre”(ホドロフスキー監督作品。1989年)*15の背信と殺人や賛美、”Holy Mountain”(ホドロフスキー監督作品。1973年)*16の広範囲に及ぶ宗教的イメージ、そして” El Topo”( ホドロフスキー監督作品。1970年)*17における「純粋な勇気があることを示すこと」に対する畏敬の念、それらをThe Bedlam in Goliathは見事に思い起させる。さらに、リスナーは的確に認識するだろう。デヴィッド・リンチ監督が奇妙な映画で表現する頭が混乱しそうな同一性混乱、ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品のオブセッション的センス、ドキュメンタリー映画『Jonestown: The Life and Death of Peoples Temple』(2006)*18から塊を少しと、映画『エクソシスト』(1973)*19と『赤い影』(1973)*20の危機も、『ゴリアテの混乱』に投入されていることを。

          On the lyrical front, you should be warned: This is an unsettling piece of work. You’re welcome to take Cedric’s vocals at surface level―he sounds incredible, his range broader than ever, his energy and emotion undeniable.

詩については用心する必要がある。すなわち、これは作業のなかの不安な要素である。あなたたちはまず、セドリックのボーカルを表面的なレベルで喜んで受け入れる。彼の声は信じられないくらい素晴らしく、声域はかつてよりも広がっており、エモーションとエネルギーも申し分ない。

          Or you can begin to translate. Cedric Bixler-Zavala, like fellow musical mavericks Bjork and Ghostface Killah, uses primarily English words but speaks his own lyrical language. If you examine the meaning behind his shrapnel-burst imagery, his obsessions with the grotesque and the profoundly sacred, you begin to realize he’s created a complex associative tapestry that’s designed with spider-web precision. And before you know it you’re trapped.

そして歌詞を翻訳してみることもできる。どの派にも属さないビヨークやゴーストフェイス・キラーと同じく、セドリックはもっぱらprimarilyな*21英語の単語を使って彼独特の詩言語をあやつり、榴散弾が破裂するかのごとく彼は描写する。しかしその描写の裏にある意味を吟味すれば、彼がグロテスクかつ大いに神聖なものにオブセッションされていることがわかるだろう。そしてあなたはセドリックが複雑に込み入った模様のタペストリーを作っていることに気がつく。しかもそのタペストリーは蜘蛛の巣のように精密で、気づけばあなたは蜘蛛の巣にひっかかっている。

          The more you read the story he’s laid out (an intricate meta-fictional narrative reminiscent of Danielewski’s House Of Leaves, involving both the transgressions of the past and the desire of the Goliath parasite to infest the Ouija-using host), the more you research his allusions and the history of the spirit board, the more uncanny connections you are bound to make. You start to recognize a tie between certain vocal effects and messages from the board. You wonder if focusing on this story too much might invite Goliath into your world. Soon you’re jumping at shadows, shopping for salt and all-white outfits, surrounding yourself with graphs and counting words and letters and looking for codes, creating your own primordial cymatics using the album, feeling phantom tendrils in your bones. You begin to hope that all the positive elements Cedric covertly slid into the songs (a legion of religious references including snippets of Santeria-derived prayers, classic fables, the hidden name of a regal actress he holds in high regard, an underlying reverence for creation/menstruation, vague hints of redemption) really are helping to balance out and maybe even negate the darkness that has infested the album.

あなたはセドリックが展開する物語(その物語は過去の逸脱と、ゴリアテがウィジャ・ボードを使っているホストに群がって寄生しようとする欲望の両方を含んでいる。セドリックの複雑で錯綜したメタフィクションは、マーク・Z・ダニエレブスキーの小説『紙葉の家*22を思い起こさせる)を読めば読むほど、暗喩とトーキング・ボードの歴史を調べようとするだろうし、そうすればするほど、あなたは気味の悪いコネクションと繋がる運命にある。そして、ボーカルの或る効果とトーキング・ボードにあらわれたメッセージの繋がりに気づき始めるだろう。また、この物語に頭を突っ込みすぎると、あなたはゴリアテを自分の世界へ招くことになるのではないかと思う。まもなく、あなたは影を感じては飛び跳ね、塩を買い求め、白い服に身を包み、図形文字で自分を包囲し、単語や文字を唱え、暗号やコードを探すようになる。あるいはサイマティックス*23を作ってアルバムに用いようとする。そしてあなたは幻視や妄想が骨に巻きついているように感じるだろう。あなたはセドリックがポジディブな要素すべてを、そっと歌へ入れてくれていることを望む(実際、セドリックは宗教的な引用をたくさんおこなっている。たとえばサンテリア信仰*24由来の祈祷文、古典的な寓話、彼が大いに敬服する上品な女優の名前を暗号化したもの、彼の根底にある月経と生物に対する畏敬の念、救済や解放に関する漠然としたヒント。セドリックはそれらの断片を引用している)。それはすべてを相殺するのに役立つであろうし、ひょっとするとアルバムに出没していた暗闇を無効にすらしてしまうかもしれない。

          You’re bound to have questions. What exactly transpired in the tragic triangle? Who was really in control and who were the victims? Was anyone innocent? How did they die and what happened to the bodies? How did they come to rest within the Soothsayer? If they return to our world, what will they do?

あなたはきっと疑問を抱くだろう。悲劇的な三角関係ではっきりと明るみに出たのは何か? 誰が実際にコントロールしていたのか、そして誰が犠牲になったのか? 誰かがイノセントだったのか? どのようにして彼らは亡くなり、彼らの体には何が起きていたのか? どのようないきさつで彼らはトーキング・ボードの中にとどまっていたのか? もし彼らが現世に戻ってくるならば、彼らは何をするだろうか?

          Those answers (and more) are in there, fused at every level to songs of equal complexity and gravity. And the closer you listen, the further you voyage into The Bedlam in Goliath, the more disquieting and compelling the Volta’s brilliant audiocelluloid epic becomes.

それらの解答(と詳細)はある。威厳と錯綜が等しく扱われ、かつあらゆるレベルで融合された楽曲のなかに。聴けば聴くほどに、あなたは『ゴリアテの混乱』の航海を進めることになるだろう。またマーズ・ヴォルタの鮮明でオーディオ映画化された叙事詩は、あなたたちの気をいっそう揉ませ、あなたたちを感服させるだろう。

          This album is the sound of a band playing―magnificently―for its life. And it is a recording of such strange power that I believe the Goliath that haunts them will be forever struck down.

このアルバムの音はバンドが発している音である。それも壮大に、自分たちの新しい出発のために。そして、とても不思議な力でおこなったレコーディングゆえに、彼らにつきまとっていたゴリアテは永遠に打ち倒されたのだと、筆者は信じている。

          Word.

Jeremy Robert Johnson

そのとおりだろう?

ジェレミー・ロバート・ジョンソン


The Zayin*25 Division - A Second Stage Burial*26

I. I am the simian martyr’s bullet-borne deliverance.

II. Ideomotor effect. Forced cryptomnesia. Your shroud returns stale whispers. Ropes tighten at each limb.

III. He half-woke to a wild leopard, to blood-pregnant air, the smell of his courted collapse. Laurel twigs crossed her hidden tools.

IV. The holy glyph floats close, its gray light angles suffuse the bones now dust, flesh now jelly. Every cell shakes loose its viral code. Supernus pacta sunt servanda.

V. Its hands swept through in the crooked mandible, the chemical lobotomy swung blind, the monoxide possessions. All of it annelid territory.

VI. Sandover light shone symbiotic until you saw it swallow-shift. Your retractions granted final grace.

VII. I will not follow your collapsing oblivion.


―JRJ, October 28th, 2007, Portland, Oregon (First print copy interment)

*1http://thebasementcypher.blogspot.com/2007/11/bedlam-in-goliath-is-coming.html

*2:現代版魔女裁判

*3:The Notorious B.I.G.

*4:Notorious Big の1stアルバム。1994年リリース。

*5:原文ではthe Soothsayer「占い師」。しかしこの訳文ではthe Soothsayerをトーキング・ボードと表記する。トーキング・ボードはウィジャ・ボードやコックリさんの一種。

*6:小説 "The Monkey's Paw" のものと思われる。参考ページ

*7:映画『グレムリン』に登場するキャラクターのようなもの

*8:アラム語やアラム文字のかたち、および歴史に関しては『アラム語の頁』http://arabic.gooside.com/aramaic/や『Aramaic language』http://en.wikipedia.org/wiki/Aramaic_languageを参照のこと

*9マクベスの呪いを参照

*10:無敵艦隊

*11:デビッド・クローネンバーグ監督の作品『スキャナーズ』(1981)。冒頭でスキャナーの頭が爆発する

*12:音楽用語。左右の音のバランスを調整すること。参考ページ

*13:scorch=1.あぶる、2.高速でぶっとばす、3.すっとばす、4.罵倒する

*14http://en.wikipedia.org/wiki/Fando_y_Lis

*15http://en.wikipedia.org/wiki/Santa_Sangre

*16http://en.wikipedia.org/wiki/The_Holy_Mountain_%281973_film%29

*17http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%9D

*18http://en.wikipedia.org/wiki/Jonestown:_The_Life_and_Death_of_Peoples_Temple

*19http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

*20http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=11450(←制作年を同名の別の映画と間違えているのが惜しい)やhttp://en.wikipedia.org/wiki/Don%27t_Look_Now

*21:primarily 1.もっぱら 2.主として 3.最初に 4. primarily<副詞>がprimary<形容詞>から派生したと考えるならば「根本的な」「初歩の」という意味も考慮に入れるべき。現段階(2007年12月6日)ではどの意味を指しているのかまだ不明

*22:詳しくは『紙葉の家』の日本ファン・サイトで。なおウィキペディア掲載の写真で文章の体裁が見れる。一見の価値あり。

*23:音響療法の1種。http://en.wikipedia.org/wiki/Cymatics

*24http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

*25:ヘブライ語の「7」

*26:ジェレミーの公式bloghttp://thebasementcypher.blogspot.com/ 2007年11月6日付によると、セドリックはこの散文を"another riddle within the riddle of the album."「アルバムの謎の中にある別のなぞなぞ」と評した。